エス&ケイ(株)の通信事業を利用した集団訴訟対策

エス&ケイ(株)は集団訴訟に特化した対策を得意とする会社です。昨今、食品衛生や商品の品質管理、サービスに関する品質の維持などの質の劣化、過失による訴訟対象となった時の対応として、事前対策を行っても回避できないこともあるので、集団訴訟対策が必要になります。集団訴訟対策が後手に回ると企業イメージに影響を及ぼし、商品のイメージ低下や企業ブランド力の低下に繋がります。その中でも多いものとしてブランドの毀損があります。食品などの異物混入や食中毒、自動車や電化製品などのリコールなどによる信頼失墜が考えられます。商品やサービスの不備以外でも役員などによる不祥事などがありますが、基本的には不祥事を起こした個人の問題となります。ただ、横領や不正な取引によるサービスの不履行などがあれば、集団訴訟の対象になります。そのような集団訴訟となった場合、エス&ケイ(株)は素早く適切な対応を提案し実行します。

日本での集団訴訟対策として、訴訟大国のアメリカは訴訟の仕組みがかなり違います。訴訟したい対象が同じ企業の消費者同士で集団を作り訴訟を起こすのですが、日本は消費者同士が集まって集団訴訟を行うことができないようになっています。日本で集団訴訟を行う場合、企業を訴えることができるのは特定適格消費者団体に認定された団体でなければ訴えを起こせないのです。そのため、アメリカのように沢山の訴訟が起きません。さらに、訴訟を提起できる手続きも特色があります。提訴できる内容にも限定があり、購入した商品に欠陥があり、その代金の支払いや、正当な理由のあるクーリングオフについての返金請求など直接的な商品やサービスに関する代金の請求などは提訴できますが、商品の故障による精神的な苦痛を受けたことにより慰謝料の請求や仕事に損失が出たことに対する補償などは受け付けないのです。この後、訴訟内容で請求の権利があるか判断され、訴訟の原告に請求権があると認められれば、認められたものと同じ内容で請求がある人を特定適格消費者団体と訴えられた企業のどちらもで募り、提出された債券届から内容に沿うものか企業が可否の判断を行います。これが日本の集団訴訟の流れです。

企業側の対策の大前提として、消費者から訴訟を起こされない商品の販売や契約、サービスの提供を行うことが大切ですが、用心深く準備しても不可避な問題です。訴訟が起こってしまった場合は、集団訴訟対策としてまず最初に請求権の存否について争います。内容としては、どのように契約販売に至ったか、サービス内容や商品説明は適切であり消費者の理解が置き去りになていないかが重要になります。証明する道具として、契約販売に至った経緯を事細かに残していただくことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は集団訴訟に特化した対策を得意とする会社です。昨今、食品衛生や商品の品質管理、サービ…
  2. ネクスト・ソリューションは三宅 靖氏を職務執行者とした第二種金融商品取引業者です。気になる三宅靖(y…
  3. おそうじ革命 高崎店は、ハウスクリーニング 高崎で行っているお店です。家に関連している掃除について、…
ページ上部へ戻る