池田高雄は外資系企業に勤めています

池田高雄は外資系の企業で働いています。当初、大学を卒業した後に日本の企業へ就職しました。しかし、そこでの環境に不満を抱えていて、もっと自分の能力を発揮することができる場所があるのではないかと考えました。その結果として、外資系の企業への転職を志したのです。外資系企業は既にたくさん日本へ進出しており、そこでの環境の良さは広く話題になっていたため、池田高雄は興味を持ちました。そして、転職活動をしっかりと行った結果、とある外資系の企業へ入ったのです。

そこは日本の企業とは大きく異なる環境が形成されていたようです。池田高雄は英語力には自信があったため、問題なくコミュニケーションを取ることができました。池田高雄の入った企業は英語が公用語となっており、書類やメールなどをすべて英語で作成しなければいけなかったのですが、それらを難なくこなしたそうです。元々、英語は学生時代から得意であり、その経験を役立てることができたため、外資系へ入って良かったと振り返っています。

外資系企業は実力主義の世界であり、成果を出した人間に対してはきちんと評価してくれる環境が整っていたそうです。そのような環境を池田高雄は求めていたため、とても充実した環境の中で仕事ができたそうです。以前の会社ではたとえ成果をあげたとしても、なかなか個人の業績として認めてくれなかったために、大きな不満を抱えていたそうです。外資系企業ではそのようなことがなかったため、とても満足した環境を見つけられたと喜んでいます。

外資系企業では個人をきちんと尊重してくれる雰囲気があるようです。池田高雄は元々チームワークよりも、個人で頑張って仕事をすることの方が得意であると自己分析しています。そのため、外資系はとても肌にあって、どんどん成果をあげることができたそうです。その結果として、現在では社内でかなり重要なポジションについており、会社にとってはなくてはならない存在になっています。

池田高雄は外資系企業へ入ることをおすすめしています。特に日本の会社に満足していない方にとっては、とても恵まれた環境が整っているため、自分の能力を思う存分に発揮させて、充実した環境の中で仕事を進めることができると評価しています。外資系企業がなかったら、今の自分は存在しなかったと池田高雄は振り返っています。池田高雄の人生において、外資系企業で仕事をしていることというのはかなり重要な意味を持っているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エレソルとはエレソル株式会社は、無駄なエネルギーを限りなくゼロにしていくことを目指し、電気料金削減サ…
  2. サービス経済の発達した現代社会では、対人サービスを提供する職業人が増加しています。そして対人サービス…
  3. エス&ケイ(株)は集団訴訟に特化した対策を得意とする会社です。昨今、食品衛生や商品の品質管理、サービ…
ページ上部へ戻る