小説家としての原田浩太郎

原田浩太郎という名を耳にしたことがある方も多いかもしれませんが、原田浩太郎は少し変わり者の小説家として知られています。人嫌いとしても有名な彼ですが、実際は人が嫌いなのではなく、人と接するのに臆病と言った方が良いのかもしれません。ここでは小説家原田浩太郎のことについてお話するとしましょう。

■原田の幼い頃について

原田浩太郎は母子家庭で育ちました。父親は彼が生まれてすぐに蒸発してしまい、その後彼は母親と二人三脚での生活を送ってきたのです。
彼の母親は母子家庭だからと息子にみじめな思いをさせたくないと強く考えており、人一倍働きできるだけのことをしてきました。彼もそんな母親の気持ちに応えるように勉学に励みましたが、高校生の頃趣味で執筆し始めた小説がなんと賞を受賞してしまったのです。その後、彼は一躍若き文壇のスターへと階段を駆け上ることとなりました。

■変わり者としても有名

原田浩太郎は様々なジャンルの小説を執筆する名うての作家であると同時に、変わり者としても知られています。有名なエピソードはいくつかありますが、最初に賞を受賞して以降どんな賞に入賞してもそれを受賞しようとはしなかったのです。
つまり、受賞拒否、辞退ということになるのですが、当時これは文壇への侮辱として叩かれもしたものです。彼はそうした賞にはまったくといってよいほど興味がなかったのかもしれません。しかし、こうした彼の行動がセンセーショナルに報道されたことにもより彼の名がまた世間に広まったのです。

■彼の作風について

原田浩太郎の作風を一言で説明することはできません。なんせ作品ごとにガラッと作風が変わってしまいますから、簡単に説明することができないのです。
また、一般的に小説家というのは得意とするジャンルがあるものですが、彼にいたってはそれすらありません。最初恋愛小説で一世を風靡したかと思うと次には時代物の作品を執筆し、その次の作品はミステリー、ファンタジーなど実に様々な作品を執筆してきたのです。こうした多ジャンルに渡って筆が進むというのは非常に稀と言えるのではないでしょうか。

原田浩太郎の作品にまだ一度も目を通したことがないという方は是非読んでほしいものです。彼独特の世界観を垣間見ることができますし、毎回新しい驚きを与えてくれることでしょう。私生活についても謎の多い彼ですが、これから益々名声が高まればテレビなどのメディアで目にする機会もあるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は集団訴訟に特化した対策を得意とする会社です。昨今、食品衛生や商品の品質管理、サービ…
  2. ネクスト・ソリューションは三宅 靖氏を職務執行者とした第二種金融商品取引業者です。気になる三宅靖(y…
  3. おそうじ革命 高崎店は、ハウスクリーニング 高崎で行っているお店です。家に関連している掃除について、…
ページ上部へ戻る