キャビンアテンダントの平石里沙

キャビンアテンダントは女性が憧れる職業でも常にトップクラスをキープしている職種の一つです。そんなキャビンアテンダントとして世界各地を訪れているのが平石里沙です。彼女はもともと学生時代からこの仕事に強い興味を抱いており、将来は必ずキャビンアテンダントになるのだという強固な意思を持っていました。

■学生時代からアクティブ

平石里沙は学生時代からとにかく行動力のある生徒として知られていました。アクティブで好奇心旺盛な女子生徒で、興味を持ったことはとにかく経験してみたい、という小さな子供がそのまま大きく育ってしまったかのような生徒だと多くの教師は記憶しているはずです。そんな平石里沙は中学生の頃には既にキャビンアテンダントになることを夢見ていたようで、そのため英語学習にも意欲的に取り組んでいました。その甲斐もあり、高校生になる頃には外国の方と普通に会話できるだけの語学力を身に付けていたのです。

■実は英語以外も堪能

キャビンアテンダントという職業柄英語のスキルは高度なものが求められますが、平石里沙は英語だけでなくスペイン語やドイツ語、フランス語などあらゆる国の言語に長けているマルチリンガルとして職場では重宝されています。平石里沙は物事の本質を見抜く力が人一倍長けていて、それが語学習得にも大いに役立っていたのでしょう。フライト中の機内でフランス語などで話しかけられて困っているキャビンアテンダントがいたらすぐに助けにも行っていますから、職場での人気も高いのです。

■実はかなりの食通

平石里沙はグルメなことでも職場では有名で、休日にはいろいろなお店を食べ歩きしています。そのため、彼女の自宅には語学の本以外にはグルメ関連の雑誌などが沢山あるようです。その中から気になるお店を見つけたら持前の行動力ですぐにお店に行くこともありますし、友人を誘って一緒に出掛けることもあるようですよ。最近はアジアン料理にはまっているらしく、彼女にしては珍しく同じお店に何度も通っている姿が目撃されています。

平石里沙は最近両親から結婚することを勧められているようですが、殆どまじめに聞いてはいないようです。両親としては早く結婚して家庭を築いて貰いたいと考えているようですが、平石里沙自身にはまったくその気がないようなので馬の耳に念仏のような状態です。キャビンアテンダントという仕事を愛しているがゆえに結婚には否定的なのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. サービス経済の発達した現代社会では、対人サービスを提供する職業人が増加しています。そして対人サービス…
  2. エス&ケイ(株)は集団訴訟に特化した対策を得意とする会社です。昨今、食品衛生や商品の品質管理、サービ…
  3. ネクスト・ソリューションは三宅 靖氏を職務執行者とした第二種金融商品取引業者です。気になる三宅靖(y…
ページ上部へ戻る