陶芸家として知られる村瀬孝司

村瀬孝司は、現在36歳です。彼は福岡県に住んでいるのですが、そこで彼はある仕事をしているのです。その仕事とは、陶芸家です。村瀬孝司は、日本においては少しは名の知られた陶芸家で、多くの人に知られるための努力を続けているわけです。そして、それがあって今に至るわけです。

村瀬孝司は、5歳のころ父親のアトリエに初めて足を踏み入れたのですが、そのときに見た光景がすごく気に入ったようです。ろくろを回して作る茶碗を初めて見て、それに大いに感銘を受けたというのです。そして、村瀬孝司は、それから父親に陶芸について少しずつ学ぶようになっていくのですが、それから数年後には陶芸家の卵として、ひとつの作品を作っているのです。

彼の処女作は、当然なのですが現在の作品には遠く及ばないほどのつたない作品だったのですが、年齢に対してその評価は実に高かったといいます。実際にまだ10歳にも満たない段階で作り上げた作品に対しての評価はとても素晴らしいものがあったとされているのです。惜しくも受賞は逃しているのですが、その才能については誰もが期待したといいます。

彼は、それから年齢を重ねるごとにスランプに陥っていきます。このスランプは、結局才能が年齢に追いついてしまって、評価が一般的なものになっていくというものでした。そういうことがあって、実は村瀬孝司はそれから数年後に一度陶芸の舞台から姿を消しているのです。しばらくの間、村瀬孝司はまったく別のことをしていたのですが、その間でも陶芸のことは忘れなかったといいます。そして、30歳のころに再び陶芸の世界に帰って来たのですが、それは自分でまた新たに何かしら作りたくなった、後の世に何か残したいと思ったからです。

それから、村瀬孝司は狂ったように作品を作ることを行っているのです。そのときには沢山の失敗作が生まれたといいます。ただ、人々から忘れ去られていたということがあったため、その分存分に作品作りに没頭できたといいます。そして、それがあったからこそ、物凄く優れた作品をたくさん作ることが出来たというのです。

彼は、これからも大いに優れた作品を作り上げることは間違いないでしょう。そして、それは多くの人たちに対して感動を与えていくことになるでしょう。そして、その感動が新たなる彼を生み出すことは間違いないでしょう。後5年くらいしたら、自分の家に新たにアトリエを作る予定にしているといいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 松岡哲也は、夜中にゆっくりと過ごすのが好きという夜型の40代男性です。身長は170cm台、体重は60…
  2. シェリール千代谷に関する情報を紹介シェリール千代谷は東京都港区麻布十番に本社があり、代表取締役は浅野…
  3. 村瀬孝司は、現在36歳です。彼は福岡県に住んでいるのですが、そこで彼はある仕事をしているのです。その…
ページ上部へ戻る